着物処分の際、オークションと買取業者に

依頼する方法がありますよね。

でもこの2つのうちどちらが

おすすめの方法なのでしょうか?

 

さっそく見ていきたいと思います!

 

【買取業者のメリット】

着物を処分する方法としては、買取業者に依頼するのが安心です。

オークションでも意外に高値がつく場合もありますが、

専門業者に依頼しないと相場もあまり分からないですよね。

 

高価な着物の価値に気づかずオークションでタダ同然で売ってしまったり、

ほとんど価値のないような着物を高額で出品してしまい売れ残ってしまって

引越しの荷物になったりとイロイロな問題が起こりえます。

 

着物買取専門業者に依頼していればそんな問題は起こりません。
ですから着物事情に詳しい優良業者に頼むのが得策と言えます。

 

【オークションで売れる場合も】

オークションは引っ越しのために着物を処分したいというような方には

オススメできませんが、必ずしも悪い場合だけではありません。

 

買取業者が値段をつけられないような古い着物や汚れた着物、

色がくすんでしまった着物などを、着物としてではなく生地として再利用したい方が

購入してくれる場合があるのです。

 

捨てるだけなら1枚100円でも売れたほうが良いような気もします。

もちろんオークションに出品するのはある程度の手間もかかるので

「面倒くさいから捨ててしまおう」という方も多いようですが。

 

【オークションのデメリットとは?】

オークションはさまざまなトラブルが起こる可能性もあるので、

ここで見ていきたいと思います。

 

引っ越しする時に着物を処分した場合、

オークションは出品の手間や落札者とのメッセージのやりとりなど、

結構時間が取られます。

 

仕事や家事だけでも忙しいのに、これ以上やることを増やしたくない!という方には

オークションはおすすめできません。

 

またオークションの出品は完全に個人の責任なので、

「着物の色が写真と違う」などと苦情を言われても、

すべて自分で対処しなくてはなりません。

 

着物の発送も自分でやらなくてはいけませんし、

「処分できれば良い」と思っている方には

出張査定などをやってくれるプロの業者に頼むのがおすすめです。

300057

>>訪問着物買取会社の評判はこちらに