【着物を高く売るためには】

着物処分をしたいとお考えの方。
ここでは着物を高く買い取ってもらうコツをご紹介しちゃいますよ!

326771

【証紙を用意しておく】

着物の品質や産地などを証明する証紙があるかないかだけでも、

着物の買取額に差がでてしまいます。

証紙がない着物は、いくら有名な作家の作品でも査定額が下がってしまいます。
また場合によっては工房や呉服屋に持っていけば

証紙の発行をしてくれることもあるのだとか。

 

【正絹かどうか】

着物の材質も高価買取のポイントです。
正絹は貴重で、ウールやポリエステルなどの

化学繊維の着物よりも高く買い取ってもらえます。

 

【相見積もりをする】

これは同じ着物を違う業者に査定してもらって、

一番高い業者に買い取ってもらうというやり方です。

 

これが一番手軽な方法です。

だって、競争原理が働きますもんね。

 

母親から譲り受けた大事な着物ですから、

できれば少しでも高く買い取って欲しいですよね。

 

【着物を丁寧に扱う】

汚れや傷がある着物は当然価値が下がります。

またシワがあったりするものもNG。
買い取った業者は中古の着物として売ることが多いので、

誰かの手にわたっても喜んで着てもらえるような

着物が高く売れるのは当然ですよね。

 

クリーニングや洗い張りがしてある着物も

高価買取される可能性があります。

 

【防虫剤の匂い移りに気をつける】

意外と見落としがちなのが「匂い」。

防虫剤の匂いなどが着物に移っていると、

それだけで買取額が下がってしまう可能性があります。

 

【丁寧にたたんで包装する】

これは着物を送って買い取りしてもらう場合のことですが、

やはりシワが寄ったり見栄えが悪く包装されている着物は印象が良くありません。

 

着物は綺麗にたたんで畳紙に入っているかどうかなども

高価査定に大切なポイントです。

 

【有名作家の作品かどうか見分ける】

人間国宝の着物などは特に高値で取引されます。
まちがってもオークションなどで安売りしてしまわないように気をつけましょう。

 

【サイズが大きいかどうか】

サイズが小さい着物だと、仕立直しをすることが難しいので

買取額が下がってしまいます。

 

身丈が160cm以上、裄丈が65cm以上くらいが

高い値段が付きやすい傾向にあります。

 

【シミや日焼けも要注意!】

着物はシミや汚れ、日焼けがあるだけでも価値が下がります。

シミや汚れがついていると、買取会社がクリーニングをする手間もかかりますからね。
ですから着物の保管方法や、日ごろの扱い方にも気を配る必要があるのです。

もちろんすでにシミや日焼けなどがある着物は、どうすることもできないかもしれませんが…
普段から大切に着物を扱っている方は得をするということですね。

 
上手に買い取ってもらえることをお祈りしています。

 

>>着物買取専門店の評判はこちら