着物は処分すべき?取っておくべき?

wafukunayami
着物を処分するべきか、とっておくべきか

迷うことがありますよね。

そんなときはどうすれば良いのでしょうか? 

使う予定がないのなら売ってしまう

着物をたくさん持っていてもずっと

着る予定がない、という方も多いと思います。

着なくなったからといって捨ててしまうのは

もったいないですよね。

ですから一応は持っておく という方も

多いと思います。

でも着る予定がない着物は持っておいても

仕方ない。

少しもったいない気もしますが、まずは

処分する方向で考えたほうが良さそうです。

もちろん処分といってもゴミとして捨てて

しまうわけではなく、着物専門の買取業者に

買い取ってもらうのがおすすめです。

ただゴミとして捨てるだけよりもリサイクル

すればお金にもなりますし、他の方に大事に

着ていただけますから。


【参考情報】

着物処分にココがおすすすめ!着物買取会社口コミ情報

着物を売るタイミング

ちなみに売るのは早い方がいいです。

なぜかというと 、時間が経つにつれ着物の

価値はどんどん下がっていくからです。

基本的には新しい着物ほど高値で取引され、

1度も着ていない未使用の着物なら高い値段

で買い取ってもらえる可能性があります。


実は着物を長くとっておくということは、

どんどん着物の価値を下げていることと同じ

なのです。

ということで着なくなった着物は早く処分

するのがオススメですよ。


売らずに取っておいたほうが良いもの

もちろん全てを売って処分してしまえばいい

というものでもありません。

なかには有名なデザイナーがデザインした

着物や、高値で取引されるアンティークの

装飾品が混ざっている場合があるのです。

そういったものは新しいものでなくても

高値で買い取ってもらえます。


一般的には着物の状態によって買取額が

変化し、汚れなど傷んだ着物はかなり査定額

が下がるというのが常識。


ですが有名デザイナーによる着物は

別なのです。

痛みがあっても将来もっと価値が上がる

可能性がありますので、高級な着物や装飾品

は売らないという選択肢もあるのです。

また高級デザイナーの着物などではなくても、

流行りの柄の着物も高値で買い取ってもらえ

る可能性があります。

少しでも高く買い取って欲しいという方は、

今どんな着物が流行っているのか、こまめに

チェックしておくということも大切です。