kimono

着物を良い業者に査定してもらっても、買い取ってもらえない場合があります。

買取会社側も買い取った後にまた売らなくてはなりませんから、中古販売できないものはなかなか買い取ってもらえないんですね。

それではどんな着物が買い取ってもらえないのか、見ていくことにしましょう。

【汚れやイタミがある着物】

着物に汚れや痛みがあるものは買い取ってもらえない場合があります。

多少の傷や汚れはあっても買い取ってもらえることはあるのですが、目立つ汚れや激しいイタミがあるものは、なかなか難しいでしょう。

ただ、汚れている部分が裏地だけだったりすると買い取ってもらえる場合もあります。
やっぱり着物を実際に着た時に、目につく箇所が重要なのです。

だいたい直径3センチ以上の汚れがある場合は、査定が難しくなってくるそうです。
普段から大切に扱われてきた着物のほうが高く買い取ってもらえるということですね。

【汚れがあっても引き取ってもらえる!?】

実際に「買い取りできない」と言われた着物でも、引き取ってもらうことは可能です。
捨ててしまうのは忍びないという方は、買取会社に引き取ってもらいましょう。

もちろん引き取り費用などはかかりませんのでご安心を。
でもどうして引き取りが無料なのかと言うと、引き取った着物にも利用価値があるからです。

中古の着物としては売れなくなったものでも、着物柄の生地としてリサイクルすることは可能です。
もう着ないものをいつまでも自分で持っていても、結局は処分する手間がかかってしまいます。
そうするくらいなら思い切って引き取ってもらったほうが誰かの役に立ちますから、思い出の着物がムダにならないんですよ。

【参考記事】古い着物は処分するしかない?古い着物を買取してもらうには