浴衣を処分する前に

浴衣を持っておられる方も多くおられると思います。

浴衣は結婚式やお祝いの時などに着ていくこともあるかもしれませんが、浴衣を着る機会は多くはなく家に放置しているところも多いと思います。

着ることのない浴衣を家に放置していてもしょうがないので、処分を考えると思います。

浴衣の処分方法はいくつかあるので、その点を紹介していきたいと思います。

専門店で浴衣を買取ってもらう

浴衣を処分する1つの方法として買取ってもらうことができます。

浴衣は質やブランドもあるので、買取りは浴衣専門店でしてもらうことができます。

浴衣専門店は近くの地域にない人もいると思いますが、ネットから検索することができるので、ネットがあれば浴衣を買取ってもらうことができます。

浴衣の買取りを行うには、まずサイトから申し込みを行います。

そして買取ってもらう浴衣を宅配で送ると、後日その浴衣の価格査定をしてもらって買取金額を聞くことができます。

買取金額に納得するならば、それで買取成立となり、銀行振り込みなどでお金を受け取ることができます。

ブランドものの浴衣であれば、自分の予想を上回る金額で買取ってもらうこともできます。

有松絞りや紅海織、錦絽、綿袖などであれば高級な浴衣の分類に入るので、専門店で買取してもらえば、高価で買取してくれます。

また、浴衣をよく切る時期である夏であれば、通常の価格よりも上乗せして買取をしてくれるところもあります。

処分する浴衣が多いのであれば、まとめて買取ってもらうこともできます。

ただ、浴衣の専門店での買取は高級な浴衣やブランドものでなければ買取をしてくれないこともあります。

また、浴衣の買取は多少の傷やシミ、汚れがあると買取をしてくれないこともあるので、浴衣の買取専門店で買取をしてもらう際は、浴衣の状態にも注意しておかなければなりません。

浴衣を少しでも良い状態にして買取ってもらうために、クリーニングに出してから浴衣を買取ってもらうこともできます。

このような点に注意しておけば、浴衣を処分する際、専門店を利用するのが良いです。

メルカリやヤフオクを利用する

浴衣を処分する方法としては、ネットショッピングを利用することもできます。

メルカリやヤフオクで処分する浴衣を投稿することで、欲しい人に買ってもらうことができます。

専門店と違い、浴衣がノーブランドでも買取ってもらうことができますし、多少の傷や汚れがあってもそれを書いておけば、その点を見越して買取ってもらうことができます。

ネットショッピングであれば、ある程度自分で買取ってもらう金額を決めることもできるので、安く売ることができれば処分する費用を出さなくて良いので、節約することもできます。

ただ、ネットショッピングの場合は買い手がいなければ、いつまでも処分することができませんし、場合によっては長い期間待たなければいけないこともあります。

その点を考慮して利用する必要があります。

リサイクルショップを利用する

浴衣を処分する方法としてリサイクルショップを利用することができます。

リサイクルショップであれば、浴衣に多少傷が付いていても買取ってもらうことができますし、浴衣のブランドにこだわりもないので、安い金額でも買取ってもらうことができます。

浴衣が多かったり、浴衣に関連する帯なども付けて買取ってもらうと、少し高めの設定で買取ってもらうことができます。

ただ、リサイクルショップの場合は専門店で買取ってもらうよりも安い金額になってしまうので、ブランドものの浴衣を買取ってもらう際はおすすめできません。

寄付する

浴衣を処分する方法としては、寄付することもできます。

小さくなった浴衣や色あせてしまった浴衣などを近くの子供がいる家にあげたり、浴衣が欲しいと思っている人にあげたりすることができます。

子供が着ることのできる浴衣であれば、そのまま引き続き着ていくことができるので、処分する必要はありません。

欲しい人にタダであげることも可能です。

 

ごみとして出す

浴衣を処分する方法として、ごみとして出すこともできます。

浴衣がすでに着ることのできない状態になっているならば、ごみとして出して処分しなければなりません。

浴衣を処分するならば、少し費用がかかることもあります。

浴衣の費用を出すことで処分することができます。

 

まとめ

浴衣の処分方法にはいくつかの方法があります。

一番良い処分方法としては、買取ってもらう方法です。

処分する費用を抑えることができますし、少しお金として還元することもできます。

高級な浴衣であれば、良い価格になることもあるので、まずは専門店で査定してもらい、それで買取できなければネットショッピングやリサイクルショップを利用すると良いと思います。

ゴミとして処分するのは最終段階となるので、まずは買取や寄付などの線で浴衣を処分することを考えてみてください。