買取りできない着物てあるの?どこで着物処分できるの?

断捨離がすすむ世の中で、タンスの中で眠っている着物を、思い切って処分したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ただ捨ててしまうのはもったいないので、着物専門の買取り業者にお願いして、お金に換えてみてはいかがでしょうか。

買取りできない着物とは?

着物の買取りをしてもらえないケースがいくつかありますのでご紹介します。

素材が正絹以外の着物

ウールや化学繊維の着物は買取りをしていないお店があります。

もちろん人気ブランドの場合には買取り可能の場合もありますが、あまり金額に期待することはできません。

買取り業者のなかには、どんな素材でもOKなお店もありますので、事前に公式サイトなどで確認をしましょう。

汚れや傷み、匂いがついている着物

査定前に、クリーニングで落とせる汚れや匂いはきちんと対処しておくのがおすすめです。

また落ちない汚れであっても、着物着用時に隠れてしまう場所であれば、買取りしてもらえることもあるのでお店に確認してみてください。

喪服

喪服は需要があまりないため、買取りをおこなっていないお店も多いです。

買取ってもらえても低価格になることがほとんどです。

他に、小さすぎる着物も着用できる人が少ないことから買取り不可になることがあります。

着物を売るなら着物買取り専門業者がお得

着物の買取り専門業者でなくても、リサイクルショップなどでも着物の買取りはおこなっています。

身近なお店ですし、つい手軽に利用してしまいがちですが、着物の場合はおすすめできません。

リサイクルショップには着物の専門の鑑定士さんがいないことが一般的ですので、きちんとした価格をつけてもらえない可能性があります。

せっかくの着物、適正な価格で買取りしてもらいたいですよね。

着物買取り専門業者に買い取ってもらう方法

着物買取り専門業者に買い取ってもらう方法としては、出張買取り、宅配買取り、持ち込みの3種類があります。

それぞれの方法にメリット・デメリットがありますので簡単にご紹介します。

<出張買取り>

公式のサイトから申し込みをすると、専門の鑑定士さんが査定に自宅まで来てくれる方法です。

査定額に納得できればその場で買い取ってもらうことができるので、手間がかからないのが特徴です。

また出張買取りは、査定や出張料がかからないことがほとんどなことも嬉しいポイントです。

ただ自宅に直接来るので、鑑定士さんとはいえ自宅にあげることに抵抗を感じる人もいると思います。

他の家族が在宅時に来てもらうなどの対策をするか、それでも不安な場合には他の方法を選択することをおすすめします。

<宅配買取り>

宅配買取りも公式サイトから宅配査定の申し込みをします。

宅配キットが業者から届きますので、着物と必要書類を同封し着払いで発送します。

その後査定価格の連絡がくるので、金額に納得すればそのまま買取りとなり、代金が振り込まれます。

送料や査定には料金がかからないことが多いですが、査定額に納得できず返品を希望する場合には、返却送料を負担しなければいけないことが多いようです。

時間のない方や、対面でのやり取りが苦手な人にはおすすめの方法です。

<持ち込み>

持ち込みとは店舗まで自分で着物を運び、買取りをしてもらう方法です。

着物は重いので、枚数が多いとかなりの重労働となってしまいますが、持ち込みにもメリットがあります。

目の前で鑑定をしてくれるので、気になることがあればすぐに質問や相談ができるので安心です。

また買取り価格に納得すれば、すぐに買取り金額をもらえることができます。

ただし買取り金額が高額な場合は、後日振り込みとなることもあるので注意が必要です。

出張買取りのように自宅に人をあげる不安もありませんし、宅配買取りのように時間や手間がかからないのが、持ち込みのメリットです。

買取りのおおまかな流れをご紹介しましたが、お店によって細かいところで違いがあるので、依頼前にはしっかりとご確認ください。

着物の価値は専門家でないとなかなかわかりません。

着物を手放そうと考えている人は、ぜひ専門の買取り業者に依頼をして、適正な価格で売却されることをおすすめします。

着物買取専門店バイセルの詳細はこちら
↓ ↓ ↓
>>着物の買取専門店【バイセル】の詳細はこちら<<