着物の種類を解説

ひとくちに着物といっても、格をはじめ柄や素材など、さまざまな種類が着物にはあります。

着物の使い分けがわかっていると、シーンにあわせた着物を選ぶことができるようになりますし、着物の見方もかわってきてより身近な存在になるでしょう。

https://seitoukai.com/wp-admin/post-new.php

着物の格

着物の格が、着物を難しいと考えさせる一因となっています。

ちょっと堅苦しく感じるかもしれませんが、着物を着る際にはTPOにあわせて着こなすことが必須ですので、基本的なことを知っておくといいでしょう。

今回は着物の格が高いものから順番にご紹介します。

礼装着

公的な儀式や特別な時に着る着物が礼装着です。

結婚式で着る打掛をはじめ、既婚女性の第一礼服の黒留袖、未婚女性の第一礼服の本振袖、喪服がそうです。

略礼装着

礼装着の次に高い格の着物が略礼装着です。

結婚式の披露宴や入学式、初盆などに着用します。

こちらには色留袖、振袖、訪問着、色無地、江戸小紋の紋付などが含まれます。

外出着

一番応用範囲が広いグループで、少し格があるものから趣味で楽しむものまで幅が広いのが特徴です。

訪問着の次の格である付け下げや小紋、紬の訪問着、無地の紬、絞り、お召し、更紗などが含まれます。

浴衣・街着

ちょっとした外出の際に適した着物です。

お稽古や友人との食事などの外出向きで、紬や絣、木綿、浴衣などが含まれます。

お手入れが簡単なものも多いので、若い人でも気軽に気負わず着用できます。

小物類

着物はそれだけ羽織れば完成というわけにはいきません。

ここでは着物に必要な小物類をご紹介します。

襦袢

襦袢とは和服の下に着る肌着のことで、肌に直接触れる肌襦袢と、肌襦袢の上に着る長襦袢や半襦袢があります。

晒などの綿生地やガーゼ、ちりめんなどで仕立てられています。

足袋

最近では本格的な足袋だけでなく、レース素材や柄付きなどの遊び心のある足袋も登場しています。

下駄・草履

鼻緒の柄を着物にあわせるなどしてコーディネートを楽しむことができます。

和服を着た時は下駄でも草履でもどちらでも構いません。

おしゃれをしたりフォーマルな場所へお出かけをしたりする時には草履、近所へのお出かけなどの普段用が下駄、という使い分けをするといいでしょう。

帯・帯留め

帯にも格があるので、着物とのバランスを考えて選ぶことが大切です。

種類も多く、作り帯もあるので、自分で結べない人にはおすすめです。

最近では自由な着こなしも多くなっている着物ですが、礼装の場合は帯や小物の選択に気を使い、場から浮いてしまわないように気を付けましょう。