着物の帯の種類について

着物の帯を選ぶ時は、着物との格のバランスをあわせて考えるのが一般的です。

帯の種類はさまざまあり、柄や素材もいろいろです。

バランスが悪いと雰囲気もくずれてしまいますし、場にそぐわない場合もあるので気を付けましょう。

帯の長さと幅

帯は大きく分けると3種類に分けられます。

これは仕立てが違うのはもちろんですが、それぞれに帯の長さや幅も違います。

帯の長さに正式な基準はありませんが、販売されている帯はある程度のサイズが決まっているのです。

これはあわせる着物やシーンによって使い勝手の良いように作られているからです。

袋帯

長さが約430~450cmで幅が31.2cmです。

お祝いの席で使用することが多いので、二重太鼓や飾り結びをするために、長めとなっています。

礼服として使うことができる帯で、礼装着や略礼装着とあわせるのが一般的です。

西陣織や佐賀錦などが有名で、金糸や銀糸を多く用いて豪華なものは礼装用としてよく使われます。

名古屋帯

長さが約360~380cmで幅が30.4cmです。

袋帯と違って一重太鼓で結ぶことが多いので、長さは袋帯よりも短く、また軽く結びやすくなっているのが特徴です。

訪問着や色無地、江戸小紋などにあわせる帯で、袋帯より簡単に締めることができます。

カジュアルな場所だけではなく、お茶会などでも締められる帯となっていますが、袋帯を簡略化したものなので正装には向いていません。

帯の柄によっては略礼装に使用できます。

半幅帯

長さが約360~400cmで幅が17cmです。

もともとは、羽織を着るなどして背中が見えない時の帯として使われていたもので、小紋や紬などの着物を着用した際に使われます。

しっかりとした素材が使われていることが多く、さまざまな柄があるのが特徴です。

半幅帯はよく浴衣に使われている帯で、素材は絹や麻、ポリエステルなどがあります。

通常の帯の半分の幅であり、着付けを習う時に最初に使う帯です。

しかし最近では華やかな飾り結びにも対応するため、長めに作られているものもあります。

以上が大きく分けたときの3種類ですが、若い女性の間では、最近は兵児帯を締める人も増えてきています。

兵児帯とは、そもそもは和服における男物の帯の一種ですが、ふわふわとした素材で結びやすく女性の浴衣にあわせてよく使われます。

カラフルで透け感のあるデザインのものが多いのが特徴です。

さまざまな帯が販売されているので、着物と帯の組み合わせを楽しめるようになっています。

また帯を結べない人には、作り帯といって帯の結び部分が完成している便利なものも販売されています。

格のバランスや、着ていく場所を考えて、ステキな着こなしで出かけてみてはいかがですか。