着物の右前てどっちが前なの?

洋服も良いですが、やはり和服も良いものです。
着物をピシッと着ることができると、一段と品格が上がると言えます。

ただ着物は、着慣れていない方が着ようとすると結構戸惑いますよね。
中でも代表的な戸惑いポイントといえば「着物の右前」でしょう。

「右前にするとは言うけれど、これってどっちが前なの…?」と迷ってしまう方、多いのでは?

では、着物の右前とは一体どちらが前なのでしょうか?

着物を着る時は右前!でも右ってどっち?

着物を着る時、衿は右前にするのがルールです。

ただ、「右前にする」ということ自体がわかっても、実際に着ようとするとちょっと混乱しませんか?

自分から見て右なのか、あるいは他人から見て右なのか。
そこを考えると、ついつい手が止まってしまうこともあるでしょう。

着物を右前で着る時は、自分から見て右の衿を手前にするのが正解です!
即ち先に右衿を合わせ、次に左衿を合わせるわけです。
結果的に自分から見て右衿が下・左衿が上に重なっている状態になりますね。

他人ではなく自分視点ということを基準にする、これがポイントと言えそうです。

着物の右前は「自分にとって右が手前=右前」と認識しておきましょう!

着物の右前をもっと簡単に覚えたい

着物を着る時は「自分から見て右が手前」と覚えておけばOKです。
なので、着物を着るときは、右側からさきに合わせ、その後に左側を合わせるようにしましょう。

実は他にも簡単な覚え方がいくつかあります。

まずは「他人から見た時アルファベット小文字の『y』に見える」というもの。
非常に簡単でわかりやすいので、着物に慣れていない初心者さんにも非常にオススメな覚え方です。

また男女別の簡単な覚え方も存在します。
男性は普段の洋服と同じに、女性は普段の洋服と反対に合わせればOKです。
これもまた単純で覚えやすいですよね。

最初は迷いがちですが、一旦覚えてしまえばあとは楽勝です。
自分に一番しっくりくる覚え方を選び、瞬時に右前がわかるよう頑張りましょう。

なぜ着物は右前で着るの?

「そもそもなぜ右前で着ることがルールなの?」
そんな疑問を抱いている方も案外多いのではないでしょうか。

なんでも左前にする着方は、亡くなった方の着方なんだとか…。

葬儀で着物を着せる際、亡くなった方は皆左前の衿合わせになっています。

言わずもがな、「生」と「死」は真逆のものです。
そのため着物の衿合わせも、生きている時の衿合わせ=右前とは逆にするのが決まりなわけです。
これは着物に限らず、布団や屏風などでも同様です。

生きている状態で、亡くなった状態と同じ着方をする…。
これは確かに縁起が悪いなと感じてしまいますね。
うっかり左前に着て不吉な予感を抱いてしまわぬよう、くれぐれもご注意ください。