男性の着物|普段着とメリットとは

着物を着るのは女性が着るというイメージが強いですが、男の人でも着物を着ることができます。

男の人でも普段着物を着ることができるのか、少し悩んでしまうことがあるかもしれません。

  • 男の着物とはどんなもの?
  • 男性が普段着で着物を着るメリット
  • について紹介していきます。

    男性の着物について

    男性の着物ですが、種類は礼装、準礼装、略礼装、お洒落着、普段着と言う種類があります。

    これらを要素に分けてみると、格を構成するには素材、着用形式、色柄、家紋などです。

    これらを組み合わせて、礼装着、普段着、お洒落着を構成します。

    格の見方としては、羽二重、御召、紬、木綿となっており、羽二重は礼装に着用することが多いです。

    御召と羽織であれば、準礼装や略礼装となります。

    紬や木綿などを着用するようになれば、カジュアルになっていくためお洒落着や普段着に近くなっていきます。

    袴をはくこともあると思いますが、基本的に袴を着用するときは礼装となります。

    羽織だけだと礼装とお洒落の中間となります。

    柄もありますが、無地もあれば細かい柄もあり、大柄もあります。

    色は黒であれば礼装となり、淡い色や渋い色であれば、お洒落着となっていきます。

    はっきりとした赤色などであれば、それは普段着となります。

    柄が大きくなるとカジュアルになり、小さくなるとドレッシーになります。

    家紋があればどんなものでも礼装となります。

    このように、男の着物も種類があり、格付けがされています。

    男性の普段着としての着物

    男性用の着物を普段着る際は、木綿や紬、羽織は付けても付けなくてもよく、色ははっきりとした色であれば良いと言えます。

    男の人も着物を普段着で着ることにより、日本人としての自覚ができますし着物は日本人によく似合います。

    長く着ることもできますし、使い勝手も良いので、普段着の着物をもっていることでいろいろな場面で使うこともできます。

    着付けも女性よりは簡単に行うことができるので、コツをつかむだけで簡単に着ることができます。

    ファッションとしてもかっこいい柄があるので、おしゃれにできます。

    このような着物のメリットがあります。

    男の普段着をまとめ

      ・男の着物には格付けがある

      ・男の着物の普段着けると自信を持つことができ、ファッションとしてかっこよさも身に着けることができる

    男の着物の普段着はネットなどで販売されており、簡単に手に入れることができます。

    デートの際にも利用することができるので、ぜひ参考にしてください。